スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社に人生を預けるな

勝間和代の会社に人生を預けるなを読みました。


risk mgt


本来、伝えたいことはリスクは避けるものではなく、マネジメントしていくもの。
そのためには、リスクを正しく分析・把握することにより、
どのリスクを取り、どう管理していくかを決めていく必要がある
ということだと思います。

しかし、彼女特有のトーンになってしまうと、
終身雇用はリスクが高い雇用形態であり、
安全と思っていても会社は守ってくれなくなるよ。というものです。
そんなリスクに気づかずに働いていていいの?
私みたいに外資で働いたり、独立して自由と実力を身につけなさい。
カツマー達よ、それが成功よって読めるのです。

外資系と企業におけるリスクとそのマネジの仕方は書かれていません。
あんた、そのリスクを理解してマネジしていないからだと思います。

だって、自分でも望んだわけでもなくてそうなっていて、
思ったより自由でリスクも少なかったっていっていますから。

終身雇用で安心している人に警鐘を鳴らす前に、
自分の状況を正確に分析しなさいよ。
自分の生き方の正当化にいつも一生懸命になりすぎですよ。
これが、うざい。

様々な他業種のディーテールまで記述があり、
これは本のために勉強したというよりも、会計士時代に出向いた企業で
学んだ内容だと思うのですが、ただの評論家でなくて、
ある程度の中身まで良く勉強・理解されているんだなぁとは感じます。
(でも、素人にしてはよく知っているって事ですよ。)

あと、他人の著書に書いてあることは検証もせずに正しい事として
引用していますが、(実際は検討しているのかもしれませんが)、
その姿勢は自らが本書で警鐘を鳴らすリスクに気づかない体質ですよ。

言っていることは正しいと思いますが、あんたホントに出来てるの?
しているって書いていますが、出来てないこといっぱいあるじゃん。
こんなのみんな気づいていることで、どうやってやるかが大切なんじゃないかな?
リスクに対する感度を上げるためのアドバイスはありますが、
(食べ物の添加物とかを気をつけてみるぐらい)
どうリスクをマネジメントするかのアドバイスというかテクニックの紹介がない。
知らないんでしょ。
知っていれば偉そうに書きそうなものだから。


あんまり読む価値はありません。


採点:☆☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

会社の電気はいちいち消すな

坂口孝則の会社の電気はいちいち消すなを読みました。


cr.jpg


コストダウンの本質について考えるのに、初級編としてオススメの一冊です。

一時期流行ったアウトソーシング。外製化。
ホントに経営に効果があるのでしょうか?

外製を進めるということは、社内に落ちる付加価値が減るということです。
それでも発生コストを比較してアウトソーシングする場合には、
社内のリストラクチュアリングも進める必要があります。
我が社でも失敗していました。

効果のあるコスト削減と見かけや帳面上だけのもの。
それを見極めるのが経営者やマネージャーの仕事でしょう。

理解しないまま、無駄なことを部下にやらせていませんか?
それをやるためにはその前にやらなければならないことはありませんか?

企業勤めをすれば、会社の命令や方針で、
個人の意にそぐわないこともしなければいけない状況もあるでしょうが、
マネージャークラスでもこれらの本質を理解していない人は多いのでは?


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

リクルートのDNA

江副浩正のリクルートのDNAを読みました。


rdna.jpg


リクルートの創始者である江副氏の著書です。

リクルートの出身者にはenterprenuershipを持った人が多く、
多くの起業家を輩出していますが、その精神が企業風土にあるといわれます。

その最たるものがカンパニー制で、早くから経営者としての
気構えや必要なものを学ぶ環境にあるのだそうです。

また、リクルートの創業当時の苦労や
影響を受けた経営者なども紹介されています。


例の事件についても軽く触れられていますが、
もっと、真摯に向き合ったコメントや説明も欲しかったかな。

でも、それは別の本があるのかな?
これだけでも大きなテーマですから。


江副氏の経営哲学や起業家精神(enternrenuership)についての
考え方の参考になりました。


採点:★★★☆☆


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。