スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禿鷹の夜

逢坂 剛禿鷹の夜を読みました。

特に興味のある本でもないのですが、
何か面白そうな本がないかと過去の賞でも検索した際に、
引っかかったのだと思います。

hagetaka.jpg

主人公の禿富鷹明(とくとみたかあき)は警察官ですが、
とにかくむちゃくちゃなキャラクターでした。

完全に悪者です。

外見の描写があるのですが、鋭い猛禽類の目に、
は虫類のようなイメージに妙に厳つい肩と気持ち悪い感じです。

しかも、作中は本人の気持ちの描写はなく、
台詞や行動、他人が忖度して物語が進むため、
ホントは何を考えているのか分からず、更に不気味さが増します。

話はヤクザと南米のマフィアの抗争に禿鷹が巻き込まれ、
その原因となった禿鷹の女の死の謎がミステリー色のある部分ですが、

それほど重要でもないかと。

最後はヤクザの親分の娘が殺されるなど、
意外な展開もあるのですが、まあ、何ともむちゃくちゃとしか
言いようがありません。

私にはあまり合わない物語でした。

結構人気があるようで続編もあるようですが、
読むことはないでしょう。


採点:★★★☆☆


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。