FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽気なギャングが地球を回す

最近にわかにファンの伊坂幸太郎
陽気なギャングが地球を回すを読みました。

映画は見たことがあったのですが、イマイチでした。
同僚との昼食の際にこの話の話題になって、
小説の方は面白かったと言っていたので、
タイへの出張の際に、他の何冊かと一緒に持って行きました。

sheerfulgang.jpg

移動の電車や空港での短い時間では他の本を読んでいたのですが、
飛行機の中でガッツリと読みました。

他の本も読んでいたので、読み終わらなかったのですが、
どんどん嵌っていってしまいました。

相変わらず、出張先で接待から帰ってきて、
簡単にメールで仕事をやっつけた後、寝る前や、
起きてロビーに行くまでの少しの時間などに結構読みました。

出張3日目ぐらいで読み終わってしまいました。

結構大変な出張だったのですが、嵌ったため、
かなり読んでしまいました。

これを読むのを我慢していれば、
もっと仕事が体力的に楽だったかもしれません…


映画を見たので基本的なストーリーや、
登場人物の設定やキャラは知っていたのですが、
そんなのが気にならないほど、スラスラと読めました。

映画の中ではそれぞれのギャングのキャラがどうでもよかったのですが、
小説を読む限りはそれがとても活きていて、
生き生きとしたキャラクターにのめり込んでしまいました。

これは小説で読むのがおすすめかと。


出張から帰ってきて改めて映画を見てみましたが、
やはりイマイチでした。


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。