スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生首に聞いてみろ

法月綸太郎生首に聞いてみろを読みました。 この作家は名前を聞いたことがないのですが、
2005年このミステリーがすごい第1位、
週刊文春ミステリーベスト10、第2位とあったので、
購入してみることにしました。

どうも遅筆で、あまり作品を発表していないようです。

さてさて、いかがな物でしょうか?

2005_08_30_01.jpg

ネタバレじゃんじゃんですので、内容を知りたくない方は
下記は読まない方がよろしいかと。


有栖川有栖のパターンと同じで、作家がそのまま小説の中で
探偵というか主人公として活躍します。
この作家の作品を読むのは初めてですので、
導入部分は興味深く読んでいたのですが、あまり盛り上がりません。
何か、事件がなかなか起きないし。

病気で彫刻家の大御所が死ぬのですが、その際に作品の首がないことが
分るのですが、だから何って感じだし...
そんな事件じゃ、ミステリー読みたい病でなかったら読むの止めてます。

その後、半分ぐらいまで来ると、漸く、最初に知り合った女の子の
生首が芸術プロデューサーに送られてきて、事件開始です。


じっくり進みすぎです。
前半の半分は1/3に省略してもいいんじゃないかと思います。
文章自体に読み応えがあるわけでもなく、事件も起きないので、
はっきり言って、つまらない。


そのあと、事件解決に向けた調査が進みますが、
この辺りは、なかなか面白かったです。

最後に、犯人の特定とその動機や、それまで引かれていた伏線が
一気に説明されていきます。

それがとてもロジカルで一気にすっきりします。
これが、法月作品の醍醐味のようです。

動機も犯行のきっかけも、過去のごたごたの原因も、
全てがロジカルに説明されるのです。
が、それって私にとってはあまり重要じゃないかな?と思いました。
もっと、ワクワクドキドキ出来る方が重要なのかなと。

犯行の経緯も理屈っぽく、これしかないって感じで説明されますが、
正直言って、実際は難しいと思います。
あ~、机上の空論だな。現実味がないなって一気に冷めてしまいました。


結局、あまり好きな作品ではありませんでした。
とはいえ、読んでも損はないかと。


採点:★★★☆☆


テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。