スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスホッパー

伊坂幸太郎グラスホッパーを読みました。
著者自身が「今まで書いた小説のなかで一番達成感があった」
といっているそうです。

grasshopper.jpg


話は鈴木・鯨・蝉の3人の物語が、彼らの視点から語られていきます。

妻を金持ちの道楽息子に殺され、復讐のためにその父親の会社に潜入する
中学教師の鈴木と、彼が目撃するその息子の殺害現場。
依頼されて殺しを行う「自殺屋」と呼ばれる殺し屋の鯨。
自分と相棒の関係に葛藤をもつ蝉と呼ばれる別の殺し屋。
彼らの物語がそれぞれに魅力的に展開し、
それが1つにつながっていく、伊坂作品の醍醐味を堪能できます。

全く異なる話というか、別々の物語をよくまとめたな~と思います。
「Monster」や「20世紀少年」の浦沢直樹先生にも見習ってもらいたい。

作者本人が一番達成感があったというのもうなずけるかと。
また、この物語の展開が、後の傑作のゴールデンスランバーにつながる
マイルストーンであったことが後からだとうなずけます。

とはいえ、私はラッシュライフの方が好きでした。
十分、面白かったですが。

いよいよ、全作品読まなくては気がすまなくなってきました。
古い作家じゃなくてよかった。それほど作品も発表されていませんし。

とはいえ、最近業務が忙しくなってしまい、本を読む時間が取れません。
暇は暇で、困るのですが、忙しすぎるのもそれはそれで困るかなと。


採点:★★★★


テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。