FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46番目の密室

有栖川有栖 「46番目の密室」 を読みました。

作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)の第1作目だそうです。

46th.jpg


ストーリーとしてはミステリー作家で日本のディクスン・カーと呼ばれる
密室ミステリーの巨匠、真壁聖一主催のクリスマスパーティーの夜に
発生する殺人事件の物語です。

----以下、ネタバレがあるのでご注意を----

そのパーティーの夜、真壁はなにやら難しい文学的なことを行って、
現在執筆中の作品を最後に引退すると宣言します。

そのパーティーには長年付き合いのある編集者や若手の作家、
家族などが参加しているのですが、45作の密室作品を発表している彼が、
翌朝、密室の中で殺されてしまいます。

果たして、犯人は誰で、動機は、密室のトリックは?
who, why, howのすべてが謎です…


その後は、主人公のアリスと相棒の火村の活躍で、
解決というか、謎の解明が進むことになります。

こういうのを本格ミステリーっていうんですかね?
少しばかりの矛盾というか非現実性には目をつむって、
仕掛けられたトリックと謎解きを楽しむというか。

だって、いたずらで階段に石灰がまかれているとか、
そこに残った足跡が犯人推理に大きな役割をはたすとか、
ちょっと、現実離れしていますから…

とはいて、割り切って読めば十分楽しいミステリーです。
有栖川有栖の他の傑作どころも読んでみたいと思います。


採点:★★★★


テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。