スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸の王様

ビートたけし裸の王様を読みました。

世の中で常識とされていることについて、
ホント?とビートたけしがその鋭い視点から
改めて考えてみるというものです。

hadaka.jpg


内容については、あまり鋭いなとか、なるほどとか、
本質をついているなというものはなく、まあまあでした。

最後の方にビートたけしの芸事に関する考え方が
少し書かれているのですが、こちらの方が読んでいて興味がわきました。

やはり、あるひとつの世界でトップを極めた人の、
その事柄に関することについての考え方は興味があります。

岡部幸雄の勝負勘
羽生さんの決断力
松井秀樹の不動心
辺りがその例でしょうか?

ビートたけしは尊敬する人でもあるので、
映画も好きですし、彼のそういった方面での著書を読んでみようと思います。

これはハズレでした。


採点:★★☆☆☆


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。