スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛への道

宮沢章夫の牛への道を読みました。

ブックオフオンラインのおすすめの笑える本です。


roadtocow.jpg

そこそこ楽しめましたが、笑えたのは1~2回かな?

物事を違った視点で捉えていたり、
どうでもいい事を掘り下げておもしろく書いていますが、
大笑いするほどではありませんでした。


よっぽど、暇だったり、メジャーどころの楽しみに飽きたら、
こんなのにすがるしかなくなってくるのかな~。

なんか、豊かになった日本の弊害のような気がしてきました。
こんな感じ笑いや劇団が活躍できるのは、先進国だけだと思う。

ものや事が満ち足りているので、新しいものやニッチを探すと、
結果としてこんなような縮こまったものが現れるんだろうなと。

そして、昨今の構造的不況というか経済成長の限界を迎えた日本では、
海外との競争力の激化の中で廃れていく文化でしょう...

しかし、新興国はその豊かになる課程で贅沢なものの見本として、
こんなのがあるともてはやされることはあるのかも...

いずれにせよ、私には必要のない部類のものでした。


本気で笑える本を探してみようと思います。
なんか、紹介されていた3冊とも外れだったので悔しくて...


採点:★★★☆☆


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。