スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタバではグランデを買え!

吉本佳生のスタバではグランデを買え!を読みました。

生活に密着した経済学の話なんだろうな~と。

stg.jpg


世の中で決まっている価格についてのコストとの関係を分かりやすく、
説明してくれている本です。

少し分かりやすく単純化しているので、コストの考え方について
?と思うところなどもありますが、まあ、そこは目を瞑ります。

DVDの値段が発売後にどんどん下がっていく事に対して、
階段に下げた方が最も売り上げをMAXにできるので、
最も合理的な戦略だということが分かりやすく説明されていたり、
携帯料金が訳分かんないぐらい複雑な理由、
お店が一部の地域に集中する理由などなど、
日常生活に近い事例で非常に分かり安くなっています。


私自身、コストや買値に関わる仕事をしているのですが、
最近はコストだけでなく、売価にも少し足を踏み入れてきました。

とはいえ、B-Bビジネスですので、今回の本に書いてある
値付け戦略などとは少し違うのでしょうが、参考になればと思い
読んでみたのですが、非常に勉強になりました。


採点:★★★☆☆


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。