スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルに勝つ広告モデル

岡本一郎グーグルに勝つ広告モデルを読みました。

マーケティングや広告について、
少し興味があるので読んでみたという感じです。

googe.jpg



現在のマスコミ広告の問題点や課題など、
業界では常識となっているのかもしれませんが、
外から見ていると分からない内容が勉強になり、
興味深く読むことが出来ました。

地デジ化でのチャンネル数が増えずに、ただ解像度だけがよくなった背景など、
非常に興味深いものでした。


更に、今後のネットとメディアの融合への既存メディアの課題や
提案などに話が広がっていくのですが、
この辺は何となく疑問符が付く内容でした。

ホリエモンがTV局を買収しようとした際に提唱したネットとマスコミ(TV)の融合を
次元の低いものと切っていますが、現在の状況は更にひどいものだと思います。

やっていることといえば、You-Tubeで人気のある映像を
ただ、TV番組に乗せているだけ…
制作費はかからないのでしょうが、ただ、能動的に面白い作品を
ネットで探すことをしない、TVからの情報を受動的に流す人だけのためのものです。

ホント、このままでは新興企業にざくっと既得権益を持っていかれてしまうでしょう。
自分たちで変わることの出来ない業界は仕方のないことです。

こんなことよりオンデマンドで過去のコンテンツを配信した方がいいのでは?
そのためには新しいチャンネルが必要だった気がしますが…
大きな経営判断の間違いを犯したのではないでしょうか?

技術はどんどん進歩しているのに、ビジネスモデルというか
アイデアは追いついていないといった印象を受けます。
マスコミ関係の人たちってイケイケどんどんで新しいもの好きな、
挑戦心に溢れた人がいっぱいいるようなイメージなのに…


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。