FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぼうの城

和田竜ののぼうの城を読みました。

本屋大賞の2位(2009)で、評判もよさそうなので。

nobou.jpg



主人公の「のぼう様」=成田長親と言う人は全く知りませんでした…

鈍くさくて、領民からもでくの坊からのぼう様と呼ばれている始末。
その彼が、10倍以上の兵力で攻めてきた石田三成を相手に
篭城で苦しめるという痛快な物語でした。

戦国時代の知識では、石田三成は官僚としての能力は超一流ですが、
戦下手といわれていたこと、北条攻めの際の失態がその代表例として
よく引き合いに出されることは知っていましたが、その戦です。


とはいえ、どうせ降参するのですから、
最初から投降した方が犠牲者も出ず、名君だと思いますが…
まあ、その辺は当時の武士の価値観や三成の戦略ということで、
一応、それなりに篭城の理由付けはありますが。

非常に面白く、あっという間に読んでしまいました。
内容は面白いのですが、文章の面白みは少し足りないかな?

あと、主人公の気持ちが一切、本人からは語られず、
周りの人間の推測にさせている辺りが、この人の魅力を高めている気がします。
それに、敵味方を含めた周りの武将たちも魅力的に描かれており、
大満足の1冊でした。

ただ、作中ちょくちょく出てくる作者の知識自慢というか、
著者が訪ねてみたところ、現在この場所はこうなっている。
なんていう挿入は興ざめもいいところです。


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。