スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川ホルモー

万城目学鴨川ホルモーを読みました。

kh.jpg


なんやら不思議な競技に巻き込まれていく話なのですが、
無茶な設定で展開が進みます。
しかし、そんな無茶な設定も後半には普通に感じてしまいます。

設定が無茶な割りには、物語の展開は以外と予定調和的。
こうなるのかな?と思うとその通りに進んでいく。
この辺のバランスが良いのでしょうか?
もっと、大どんでん返しや裏切りが欲しいのですが...

少し、夜は短しの森見作品ににも似た雰囲気がありました。

特に、お気に入りにはなりませんでしたが、
機会があれば、他の作人も読んでみたい作家です。

大阪政府があったという無茶な設定のプリンセストヨトミ辺りを
と思っていたのですが、映画で見てしまいました。
映画のできも思ったより良く、感動しました。
中井貴一が良かった。


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。