スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀ジャック

東野圭吾の白銀ジャックを読みました。


wjack.jpg


面白かったのであっという間に一晩で読んでしまいました。

面白かったけど、矛盾があると思う。

その矛盾というか、疑問点が下記なんですけど、
思いっきりネタバレなのでご注意を。


会社側が途(3回目)中で犯人に成り代わったとしても、
まだ、本当の犯人からの要求があるか分からないのに
そんなリスク取れないと思う。

犯人は北側には仕掛けていないといっているのに、
自分たちの仕掛けた北側を爆発させるってことは、
犯人のいう爆弾がメインのコースにあるリスクが高すぎる。

これ以上、要求がないとか、メインコース側に爆弾がないと
確証し得る何かのイベントやロジックがないとちょっと苦しい。

それに、村長の息子たちの乗っかり犯行は、
最終的にはどうやって集約させようとしていたのかが分からない。
売却と雪崩偽装を防ごうとしていたとしていたんだけど、
どうするつもりだったのか?


この作品はイマイチ、詰めが甘い感じがする。


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。