スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の電気はいちいち消すな

坂口孝則の会社の電気はいちいち消すなを読みました。


cr.jpg


コストダウンの本質について考えるのに、初級編としてオススメの一冊です。

一時期流行ったアウトソーシング。外製化。
ホントに経営に効果があるのでしょうか?

外製を進めるということは、社内に落ちる付加価値が減るということです。
それでも発生コストを比較してアウトソーシングする場合には、
社内のリストラクチュアリングも進める必要があります。
我が社でも失敗していました。

効果のあるコスト削減と見かけや帳面上だけのもの。
それを見極めるのが経営者やマネージャーの仕事でしょう。

理解しないまま、無駄なことを部下にやらせていませんか?
それをやるためにはその前にやらなければならないことはありませんか?

企業勤めをすれば、会社の命令や方針で、
個人の意にそぐわないこともしなければいけない状況もあるでしょうが、
マネージャークラスでもこれらの本質を理解していない人は多いのでは?


採点:★★★★


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazokuhyoryuki

Author:kazokuhyoryuki
ブルーベリー・・・夫
ロッティー・・・妻
いちご・・・娘

いちごはいくつ?

*script by KT*
訪問ありがとうございます。
Wedding Anniversary

*script by KT*
リンク
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。